応募するにゃ

Health measures衛生対策

「風俗で働くと絶対病気になってしまうの?」というイメージを持たれる方が多いと思いますが、アップワードでは性感染症予防のため、お仕事時は医療用うがい薬、医療用消毒液を使用しており常に清潔を保っています。

ピンクサロンはシャワーが完備されていないから不衛生という情報が出回っていますが、口と手しか使わないソフトサービスなので、お店に用意してある医療用のうがい薬、手洗い、消毒液でしっかり予防すれば、病気を防ぐことが出来るので、ご安心下さい。

また、お客様にも事前に爪切りと消毒、マウスウォッシュを必ず済ませてから席にご案内するように徹底しています。

風俗のお店を運営していく上で、衛生対策をするのは当たり前のことなのですが、質の悪いお店や激安店などは衛生対策や検査を行っていなかったり、定期検査や診察は各自自己責任と信じられないことを言ったりします。

もし今働いているお店が「定期検診は各自でやってもらってる」と言っていたら、働いている女性をしっかり守る気がないと宣言しているようなものなので、そんなお店は即刻やめるのをお勧めします。

アップワードの衛生グッズ

Hospital提携病院

ピンサロでもヘルスでも、ソープでも、風俗という業種であれば残念ながら予防をしても、100%病気にならないという保証があるわけではありません。体調不良や生理の時に免疫力が下がっていたり、多い人数相手に接客をした場合で、病気になってしまう可能性は高くなるからです。病気によっては自覚症状がない場合もあるので、アップワードでは月に1度必ず定期検診を受けてもらうよう義務付けています。検査キットがお店にあるので、わざわざ病院に行く必要はないので、周りの目も気にならないし、自主的に診察に行くと"自由診察"扱いのため費用も高くなってしまいます。(検査代はお店の方で半分負担します。)

検査結果でもし病気が発覚したら、提携病院の「新宿クリニック」で検査できるようになっていますので、慌てずお店の方に相談して、病院に連れて行ってもらいましょう。

提携医院

Checkup性病検査キットの紹介

提携医院
性病検査キットの検査項目
・梅毒
症状が4期に分かれます。初めは(感染して3週間)感染したところの皮膚や粘膜にしこりができます。2期(感染して3ヶ月)になると病原菌が全身に広がりピンク色のアザや赤茶色のブツブツや脱毛症状が出ます。3期(感染して3年以上)は大きめのしこりができ、4期は心臓、血管、神経、目などに重い症状が出ます。梅毒にかかるとHIVにも感染しやすいため、キットにはHIV検査もセットになっています。
・HIV
体の免疫力を低下させてしまうウイルスです。健康なときは何ともない菌やウイルスで簡単に病気になってしまいます。潜伏期間が長く、自覚症状がないため、検査をしないとわからない病気です。
・クラミジア
性行時に痛みを感じたり、不正出血やおりものに異常がでたり、下腹部に違和感を感じたりします。
感染した80%の女性が無症状のため、感染しても放置してしまっているケースが多いです。
咽頭クラミジアの場合は喉の痛み、扁桃腺の腫れや咳や痰が出るといった風邪と見分けがつかないため、検査を受けないと、病院では風邪薬しか処方されず、いつまでたっても完治しません。
・カンジダ
免疫力が下がった時に体内のカンジダ菌が増殖して起きる症状で、外陰部のかゆみがあり、カッテージチーズのようなポロポロとしたおりものか、ヨーグルト状のおりものが増えます。
・淋菌
おりものが増加したり、膿の混じったおりものが出ますが、症状が出なくても気づきにくいのがほとんどです。
子宮頚部のほかに喉にも感染します。淋菌に感染すると同時にクラミジアにも感染していることが多いです。